保育所の認可、無認可について

認可保育所と認証保育所

よく似ていることばに、認可保育所と認定保育所というのものがあります。どちらも認可を受けているということには変わりないのですが、大きく違うのはそれが国が許可を出しているか、地方が許可を出しているかというところです。たとえば、認可保育所は国が許可をしている保育所になります。基準は幅広く、たとえば児童福祉法に基づいているかどうか、保育士が規定数に足りているかどうか、給食や防災などの設備が揃っているかどうか、衛生面の基準をクリアしているかどうかなどが挙げられます。どこも0歳児から小学校に上がる前までの子供を預けることができ、国によって費用が出されています。

一方で認証保育所というのは東京都が定めた基準をクリアしている保育所のことを指します。どうして国と東京都で別の基準を設けているかといえば、国の基準が非常に厳しく、人が密集している東京ではとてもその設備を十分に整えられないからです。しかし東京のような人口の多い場所こそ保育所が必要とされているため、認証保育所を作る運びとなりました。国の基準とは違う基準を設け、保護者からの要望に応えられるサービスを提供しています。国の基準から違うからといって認証保育所に不備があるというわけではなく、多様化した現代のニーズに合わせているといったほうが正しいでしょう。